≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

戸田港 

三連休は生憎、秋雨の予報。
東伊豆はウネリと強風だったけれど、
こんな時は戸田に限ると佐々やんと待ち合わせ。

戸田夕空

戸田は薄っすら夕焼け雲。
昼間の青物や鯛はサッパリだったけれど、
夕方になるとカゴ釣り仕掛けのオキアミを付けた針に、何と太刀魚が喰って来た。
慌てて太刀仕掛けに替える間もなく、太刀魚の猛攻。
サンマの切り身を餌に投入すると、直ぐウキに太刀魚特有のアタリが来る。
それでも中々針ががりしないのが太刀魚だけれど、この日は違った。
ほとんど入れ食い状態が一時間ほど続いた。
ボクも佐々やんも上機嫌で早めに終了。

すっかり夜になると秋の気配が漂う戸田の集落。
「壱の湯」で身体を温めて、近くの赤ちょうちんへ。




翌朝は晴れから、くもり空。

戸田街並み


戸田街並み②

海側の戸田の景色も好いけれど、山側の景色も郷愁を誘う。

早朝から竿を出すけれど、チャリンコのアタリすらない。
夜には本格的な雨になりそう。
そんな中、
昨夜の太刀の噂を聞きつけて、師匠達もやって来る。

しかし生憎、
午後には小降りだった秋雨も、暗くなると大雨。

それでも時合いになると、太刀のアタリは頻繁にある。
いつの間にか、狭い堤防は合羽を着た太刀魚狙いの釣り馬鹿達で溢れていた。

こんな大雨の中でも釣りが出来るこの堤防は貴重だ。
いつまでもこのままであって欲しい…。

二時間ほどで目標クリアでこの日も終了。
アタリだけで一尾しか釣れてないので渋る師匠を嫌々ながら誘って、
今夜も温泉へ。




三連休の二日目。
クーラーの中は、形の良い太刀で、

太刀

もう帰ってもいいのだけれど、せっかくの連休なので…。


ふと湾内を見渡すと大師丸の巻き網漁船の船団が出航準備。

大師丸

大漁旗を掲げて湾内を回る。

大師丸②②

今度の航海はマグロ・カツオそしてサバ等を求めて三陸沖へ行くらしい。
向かいの弁天様に汽笛で挨拶して、出航して行った。
この港は巻き網漁船団の有名な母港だったのを忘れていた。

昼間、竿を出すも全然釣れない。
夜まで待機。
湾内の太刀船の集魚灯が明るく灯る。

戸田夕景

そして、
昨夜のウップンを晴らすかのように師匠と佐々やんが爆釣。

それを尻目に、
ボクは今週の目標を達成したので、ひとり早々と納竿して帰京。




翌日、師匠から電話。
今夜も太刀釣りをやるらしい………。
ずっと其処に居たらどうですか?

そしてお尻の病気から快復した、所沢の超遠投師S谷氏。
二か月ぶりに復帰して雨の南伊豆の某所で頑張っていた彼から写メール。

関谷メール

平ソーダに真鯛、鯵。
それにシマアジらしき魚が見える。
(彼と友人の釣果)



スポンサーサイト
2010. 10. 12. (Tue) 11:10  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。