≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 

夜、新宿で飲み会があるので出かけたついでに、
タイトルがカッコいいの気になっていたので、観た。
ジョニー・ト―の映画は初見かもしれない。

冷たい雨


最初の30分ぐらいはぞくぞくするほど面白い。
アンソニー・ウォンの殺し屋は題名と同じくカッコいい。
その後が面白くない訳ではないけれど、大味の展開と銃撃戦は香港映画と割り切れば、面白い。
特に男たちの生きざまと、立ち位置の良さはほれぼれする。

そして、ジョニー・アリディの懐かしい事。
シルビー・バルタンの『アイドルを探せ』以来。
ジジイだって、カッコいいんだぜ!
雨の街中で、記憶を失ったアリディが写真頼りに仲間を探す場面では涙が落ちそうになった…。
香港ノワール炸裂だ。

こんな映画を観るといつも思い出すのが、
イブ・モンタンの『パイソン357/真夜中の警視』という映画。
ビデオもDVDもセル・レンタルもなし。プリントも日本には無いらしい。
仏語版でも英語版でもいいからもう一度観てみたい。

フランス警察の制式銃パイソン357を初老の刑事(モンタン)が自室で手入れするシーンから始まるこの映画。
細部から、最後の銃撃戦まで実に好く出来ていて、ボクはハマってしまった。
モンタンの上役である警察署長が黒幕の犯人であり、彼の妻役にモンタンの実際の妻のシモーレ・シニョレが出ていた。
捜査現場で知り合った謎の女性カメラマン。
彼女に係ればかかわる程謎は深くなり、サスペンスは加速度を上げてゆく。
若い女に惚れると大けがをするとはよく言ったもの。
女も事件も、全てがきっちりと仕組まれた悲しい罠だった。
今でも、こんな映画を作りたいと思っている。

映画を観終わって、時間があったので歌舞伎町から夕方のゴールデン街をブラブラ…。

繧エ繝シ繝ォ繝・Φ陦誉convert_20100618160015[1]


20代の頃一番通った街だけれど、
馴染みの店は、ほとんど無くなった。

二丁目の居酒屋で、転職が決まった前の会社の後輩達と生ビールで乾杯!
烏賊の刺身に肉じゃが。
冷酒からグレープフルーツ割り、ウーロン割り。
香港ノワールもフレンチノワールの影もなし。

二軒目は、久しぶりに「BURA」へ。
ママの節っちゃんのおごりのワインで乾杯。
続いてはやはり、焼酎の水割り。
店の雰囲気とは全く似合わず、おっさんノワール全開。


節っちゃんから聞いた話で、ボクが以前から企画していた『退廃姉妹』という映画企画が、
カンヌ映画祭の制作支援システムの「アトリエ」部門で15作品の中に入っているとか…。
監督の青山真治が頑張っているらしい。

この企画、釜山の映画マーケットでも賞金を貰ったし、
とりあえずは、目出度いか……!?



スポンサーサイト
2010. 06. 18. (Fri) 16:24  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。