≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

今週は・・・、 

今週は釣りは休み。
釣れない上に、腱鞘炎で竿も握れない。
釣りのヤリ過ぎと家人たちは詰るけど、ホントはPCの所為だとボクは思っている。
事実マウスを握る時が一番痛い。
だから今、書きたい事は沢山あるのだけれど、今日はサクッと書き終えよう…。

先ず、ワールド・カップ観戦の合間に散歩。
近くで見つけた家の植垣から垂れている花。

闃ア_convert_20100614092006[1]

綺麗だったので、パチリと携帯で写す。
このところ、一眼カメラは重いので持ち歩きはしない。
デジカメもポケットに入らないので持ち歩かない。
外出する時は昔から殆ど手ぶらが身上なので、いつも携帯写真で済ましている。
ゴメンなさい。

今日は長谷部安春監督の一周忌。
昨日はお墓参りをした。

江戸川橋の交差点で元NTVの剛さん、作詞家の赤城さん、そして仮面ライダーのカメラマンの松チャンと待ち合わせ…。

蠅灘盾繧垣convert_20100614092139[1]

その後、近くの神田川沿いをブラブラ大隈講堂裏のリーガルホテルのバス停まで歩く。

大学時代に住んでいたアパートは、そこから少し行った「面影橋」のすぐ先、
まさに”窓を開ければ神田川”だった。
すぐ近くに銭湯もあり、その前には赤ちょうちんもあった。

あの頃一緒だった人は、今どうしているのやら……。


その後、新宿で長谷部監督の奥さんも来てくれて監督所縁の仲間たちと献杯。

30数年前、ボクが初めて長谷部監督に従事したのが『ワイルドセブン』というテレビドラマだった。
まだ駆け出しの助監督だったボクは長谷部監督によく怒られた。
でも、その分可愛がってもらった。
テンガロンハットにレイバン。
細身のジーンズに鼻下のヒゲ。
議論好きで威勢がよい監督にスタッフばかりでなく役者たちも憧れた。
特に女優さんに良くもてた。

監督の愛称は「ベーさん」だったり「ベーやん」だった。
ボクは多くはみんなに「ナベ」って呼ばれるけれど、時々京都の撮影所で仕事をした時、
何故か太秦の仲間たちはボクの事を「ベーやん」と呼んでくれた。
ボクにとって映画の師匠と同じ名前で呼ばれるのは、恥ずかしくもあり嬉しくもあった。

30過ぎのボクを、プロデューサーに推してくれたのも長谷部監督だった。
今のボクがあるのも長谷部監督のおかげだ。

監督が亡くなる半年前、病室から自分が白血病なのだと打ち明けてくれたメールは、
未だに消せずにボクの携帯に残っている。

あらためて、合掌。




スポンサーサイト
2010. 06. 14. (Mon) 10:38  [その他コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。