≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『怒り』 

少しずつ更新を再開しようと思います。
先ず、最近観た映画から。

怒り①

李相日の怒りは何に向けたものなのか?
結局、解らない。

吉田修一の原作を読んでいる所為か犯人探しにも興味が行かない。
当然、原作を読んでいる観客が居るのだからそれを意識して作らなければならない。
そこが次に気に入らない。

犯人は自分のミスで日雇いの現場を間違えた。
それでその近くの玄関先で休んでいたら、その家の主婦から冷たいお茶を施される。
普通なら感謝して立ち去るべきなのに、その主婦をあにはからんや、殺してしまう。
更に、帰って来た夫まで殺す。
とんでもない凶悪犯だ。
なのに、勝手に「怒り」と云う血文字を現場に残し逃亡する。
そこからして良く解らない。

少し知恵遅れの感がある宮崎あおいが、ふらりと漁港にやって来た松山ケンイチを好きになる。
その男が最初の逃亡中の男と似ている。
結果、違っただけなのに渡辺謙がオーバーに騒ぎ過ぎ。

妻夫木と綾部剛のホモシーンも、あまり美しくない。
ボクは男の裸は見たくない主義だ。

沖縄の広瀬すずは可愛いけど、高校生の男の子はあまり魅力がない。
第一、高校生なら船の免許を持てないから島へ行けない。
これは原作にもある「粗」ではある。

「粗」捜しはしたくないのだが、観ていて心に響くものがあまりない。
最後の犯人バラシは退屈なだけ。
犯人を追う刑事ふたりが作劇上、生きていない。

「怒り」と言うよりは、出演者が泣いたり騒いだりし過ぎ。
米兵にレイプされる広瀬すずを見ていて誰も助けないのは可笑しずぎ。

もっとしっかり脚本を作って欲しい、残念な映画。
今年のワーストテンに入るのは間違いなしです。

スポンサーサイト
2016. 09. 29. (Thu) 04:47  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。