≪ 2017. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 10 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『フィフティー・シェイズ・オブ・グレイ』 

大田区のシネコンで観る。
入場した時は観客がボク一人。
おいおい、と思いながらも予告編が始まる寸前に数名が入って来る。
一人きりでの観劇は、何とか免れた。

50.jpg

この映画を観ながら女性の観客が劇場内でオナニーを始めて、ほかの客の通報で逮捕された、というニュースを何処かで聞いた。
それ位、官能的なのかと少し期待して見た・・・。

502.jpg

しかしエロさも、中身も消化不良のガッカリ作品。
アメリカでは大ヒットで続編も制作かと評判らしいがネットの情報では、
若き大富豪役のジェレミー・ドーナンと女子大生役のダコタ・ジョンソンの仲が悪くてゴタコタしてるそうだ。
日本の成績はそこそことおもうが、それにしてもボカシの多さには辟易とする。
それ程でもないシーンにボカシが酷すぎる。
それも興冷めの一因かもしれない。

ストリーは語るほどもないが、ダコタ・ジョンソンはなかなか魅力的だった。
後で調べてみたら、なんと。
お母さんがメラニー・グリフィスだって・・・。
マイク・ニコルスの『ワーキング・ガール』は有名だけど、デパルマの『ボディダブル』のポルノ女優役のセクシーさはダントツだった。
でも、メラニーの色気とは全然違う。
更に驚いたのが、なんとお婆ちゃんがヒッチコックの『鳥』のティッピー・ヘドレンだって。
彼女とも全然、似てない。

『鳥』で思い出すのが、
これは某ヒッチコック研究家の書籍からの引用だが・・・
ヒッチコックはご存知の大監督だが、どうも女優さんにツイていなかったらしい。
彼の作品には当時の売れっ子美人女優が沢山主演している。
ヒッチコックはそれらの主演女優と一度くらいはエッチ出来るのではと期待していた。
ハリウッドでもそんな事は常識的にあったらしい。
ところが当時の一流女優は誰一人そんな彼の淡い希望を叶えてくれなかった。
そこで、ヒッチコックは今度の新作『鳥』の主演を当時モデルとして売れっ子だったティッピー・ヘドレンを起用した。
彼女はモデルとしては兎も角、映画女優としては新人だ。
今度こそヒッチコックの願いは叶えられるのではと期待したらしい。

501.jpg

だが、現実は甘くはなかった・・・。
「枕営業」にダコタ・ジョンソンのお婆ちゃんは勤しまなかったようだ。

彼女にもヒッチコックはフラれたらしい。

よもや話ばかりになったが、『鳥』は50年ほど前の作品だ。
それを観たボクは、まだ高校生だった。

『フィフティ・シェイズ・オブ。グレイ』とは「50の貌を持つグレイ」という意味みたい。
ボクには50年前のその事が懐かしい。

今日はこの辺で・・・・・・・・・。


スポンサーサイト
2015. 02. 26. (Thu) 15:01  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。