≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

今年観た映画と寸評(日本映画編) 

今年観た日本映画は随分と少ない。
あまり観たい映画が少なかったのか・・・。

『神様のカルテ2』(深川 栄洋)
 テレビドラマを観てるみたいだったが、意外とちゃんと創ってあった。

『あいときぼうのまち』(菅乃廣)
 映画の成り立ちを考えればもっと尖がった映画にすべきだと思う。井上の脚本は珍しく良く出来ていた。

『私の男』(熊切和嘉)
 映画を観てから原作を読み直した。二階堂と浅野が役にぴったりだった。

『柘榴坂の仇討』(若松節郎)
 チャンバラを期待して観ると、とんだ期待外れ。やっぱ時代劇はチャンバラがしっかりしてないといけない!

『そこのみにて光輝く』(呉美保)
 原作の時代設定を今にしたのが悔やまれる。原作の儘でもそんなにお金は要らなかったと思う。

『ぼくたちの家族』(石井裕也)
 この監督はだんだんと作品がつまらなくなってゆく気がする。製作費が上がるにつれて・・・。

『こっぱみじん』(田尻裕司)
 試写に行ったら宣伝のH君がギリギリに来た。予算が少ないと大変だね。

『海を感じる時』(安藤尋)
 これも試写を観たが、会場の音響が悪く冒頭のモノローグが全然聞こえなかった。安藤頑張れ。

『0.5ミリ』(安藤桃子)
 やっぱ長過ぎる。構成をもっと練れば面白さを失わせずに丁度良い長さになった筈。

『紙の月』(吉田大八)
 ボクには宮沢りえがミスキャストに見えた。

『さよなら歌舞伎町』(廣木隆一)
 廣木君、久しぶりの快作。でもこれは来年の公開。

他にも数本観たけれどタイトルを忘れたり、どうでも良いのがあったり。
『永遠の0』等はとても書く気になれない。見た事を削除したいくらいだ。

他に一本、DVDで観た『北陸代理戦争』が特段に良く感じた。
やはり脚本と監督と役者の力が群を抜いている。
映画はやっぱり、
一筋、二抜け、三芝居。
だね。
(「話」「画」「役者」って事です。)





高倉健さん、菅原文太さん、宇津井健さん、高橋昌也さん、林隆三さん、蟹江敬三さん、山口淑子さん、淡路恵子さん・・・


images.jpg


合掌。





スポンサーサイト
2014. 12. 24. (Wed) 15:22  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。