≪ 2017. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 10 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

テンカラ忘年会 

武蔵野テンカラ会の忘年会が納竿会を兼ねて神流川のC&Rであった。

神流川②

ボクも今やこの会では古手になってしまった。

前日の深夜まで続いた宴会で二日酔いにも拘わらず、
カエデの落ち葉を踏みしめて溪に入ると生き返る。

神流川③

朝の内は冷え込んで魚も口を使ってくれなかったが、
陽が差して来るころには彼方此方でメンバーの竿が曲がる。


神流川⑦

テンカラを始めて一年足らずの遊漁ちゃん。
どんどんと腕を上げてゆく。


神流川④

渓忠さんの45㎝のニジマスを良溪君がネット入れ。
ボクは対岸で様子を見ていたが、
流石、渓忠さんの誘いは最早誰の追従も許さない名人の域だ。


一方最近すこしシェイプアップした渓太だったが、
テンカラの仕掛けは忘れるは、
足元はゴム長だけの軽装。
楽な格好で、楽な所からばかり竿を振っている。

神流川⑤

ところが、世の中にはマグレと云うのがホントにある。
たまたまボクが後ろを通りかかった時、
この日の最大のニジマスを釣り上げた。
多分、彼の人生最初で最後の大物かも知れない。

神流川渓太

針先に少し変なものを付けていたが・・・?
多くは語るまい。

兎に角、この日の大物賞だ。
お尻からイクラをこぼしていた雌の鱒。
悔しかったに違いない。
写真を撮った後は優しくリリースしてあげた。



その渓太を継ぐ新しい会のヒーロー岳釣君の誕生。
宴会の後、渓魚お姉ぇから受けたマッサージにうっとり。

今、彼はモテキが続いているらしい。
会に居る限り続くかも?


岳釣さん

前日の雨もあがり、
天気にも恵まれた晩秋の神流川。
楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。


神流川⑥



メンバーそれぞれ今年の溪や山や魚、そして宴会を振り返りながら、
楽しい二日間を過ごした。

今年の春に、
療養甲斐なく他界した会の創設メンバーで最古参だった溪英さんも、
天国から見ていて喜んでくれただろう・・・。

お疲れ様。
来年も宜しく。





スポンサーサイト
2014. 12. 03. (Wed) 11:39  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。