≪ 2017. 10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 12 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『0.5ミリ』 

先日、やっとこの映画を観る事が出来た。
と言うのも、この映画は長い。
三時間半もある。

覚悟して観た。

05 ①

しかしその間、一度も眠くもならず、退屈もせず、トイレにも行かなかった・・・。
中々魅せてくれるし、配役も脇の脇まで良く配置されて飽きさせない。
そして、安藤サクラがとても良い。
義父(柄本明)や義母(角替和枝)に対しても堂々すぎる演技ぶりだ。

出張介護ヘルパーのサクラが変な事件に巻き込まれ、職場を首になり住む寮も追い出される。
そこで、町(高知)で出会った変な老人たちに眼をつけ押しかけ介護をする話。
変な老人達が皆芸達者で見応えがある。
井上竜夫、坂田利夫、津川雅彦、草笛光子、等など。
その他、ベンガルや浅田美代子。
みんな奇妙で面白い。

05④

津川雅彦なんかは監督の安藤桃子とサクラ一緒に出たテレビ番組で「新しい自分を発見した」などと話していたけれど、元々右翼的な発言の多い彼が映画の中では戦争反対を切実に叫ぶ老人役をやらされていた。
津川の心中や如何に?
と思ってしまう。

極めつけの快演は織本順吉だろう。
冒頭のオシッコ漏らし騒動から、冥土の旅の念願が叶いサクラと同衾してでの愛撫。
そして、卒倒死。
史上最高の演技かも知れない。
娘役の木内みどりも快演に入るだろう。

05③

津川の件は説教臭い最後の長セリフが如何せん長い気がしたけれど、
柄本の登場で物語はラストに向かってゆく。

ところが、その辺りからよく解らなくなる。
ボクの見落としかも知れないが、柄本は織本の息子の設定なのか?
とすると、木内とは元夫婦関係だった訳だ。
となると、例の性同一障害の土屋希望の親父という事になる。

その辺の事情が良く解らない。
木内は何故首を吊ったのかも解らない。
三時間半も集中して画面は観れない訳だし、よく解らないのは致命傷だ。
もう一度観る気までにはなれない、映画ではある。

シナリオや小説を読めば解るかも知れないが、今度誰かに聞いてみよう。

05②

それにしても、安藤サクラは凄い役者になったな・・・。
芝居的に親父に似なくて良かったか、悪かったか・・・???

姉妹とも顔は母似で、
親父には全く顔は似てないのも不思議ではあるが。









スポンサーサイト
2014. 11. 22. (Sat) 14:47  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。