≪ 2017. 04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 06 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

「我々は何処から来たのか 我々は何者か 我々は何処へ行くのか」 

先月末から一昨日までタヒチ島に行って来た。
釣竿はバズーカにジギングロッド二本とダイワの4000番と2500番のスピニングを二つ。
ルアーを少し多めとヘッドランプまで詰め込んで飛行機に乗り込んだ。

タヒチ①

しかし、現地に着くと気持ちの良い海の見える部屋で眠ってばかり・・・。
前回のパラオやハワイと同じであまり釣りをする気になれない。

タヒチ②

おまけにプールで泳いでいると、
フランス領だけあってあちらこちらにヌードのマドモアゼルがいっぱい!!!

タヒチ③

残念だけど、写真は有りません。
そして、もっと残念なのがポール・ゴーギャン記念館が工事中で中に入れない。
ボストンにある件(このタイトル)の絵のレプリカを観るのを楽しみにしていたのに・・・。


仕方なく、ホテルの部屋のベランダでゴーギャンの絵画の写真を楽しむ。
これは自画像。

タヒチ⑤


今回は全部で六泊分の部屋を取ったので、時間はたっぷりある。


島一周のツアーバスに乗って出かける事にした。
此処はカゴ釣りに良さそうな場所だったが・・・

タヒチ⑥

しかし、所詮ここはリーフの中。
コーラルフィッシュは沢山居るだろうが大物はどうか?

タヒチ⑦

島一番の街であるパペーテのマルシェ(市場)で覗いた魚屋の魚達。
GTやらブダイやらマヒマヒ(シイラ)が並んでいる。
そして、海岸の道路沿いにはマグロやカツオが無造作に吊るされて売られている。

タヒチ⑨


マグロやマヒマヒはホテル近くのカルフールに沢山売っていたので買って来た。
ホテルの部屋で刺身になったのを食したが、
・・・味の印象は言わずもがなだから書かないで置こう。
但し、多分シャコ貝だとおもうのだけれど、これの刺身をオリーブオイルと塩と胡椒で味付けしたら旨かった。

驚いたのが映画館があった事。

タヒチ⑧

この島は基本はフランス語とタヒチ語。
ホテルや大きな店では英語が通じる。
日本語は時々ある程度だから、基本的な情報は良く解らない。
島の人口だとかバスの乗り方とか・・・。
しかし考えるに、
昔のヨーロッパの国々はこんな地球の裏側にまで来て、植民地にしたのだ。
日本人のボクには想像することが難しい。
通貨は当然フラン。
そして物価が高い。

観光客はフランス人が圧倒的に多く、次がアメリカ人。
そして、日本人。
世界で恥をさらしている中国人観光客が少ないのが良い所。
ボクは人種的偏見を持っていないが、
中国人や韓国人観光客のマナーの悪さは昔の日本の農協の団体と引けを取らない。

話がそれたが、
島は美しい。

タヒチ⑩

海と山。
そして、タヒチ女性は抜群に魅力的だ。
ゴーギャンが14歳の島の娘に魅せられたのも理解できる。

結局、釣り竿は今回も持ってきたが、全く使わず。
カヤックに乗ったり、海に潜ったり。

ボクのジギング・ロッドはハワイやパラオやタヒチとパシフィック・オーシャンを旅したが、
一度もその性能を試していない。

昔、ケアンズの沖の島でルアーを投げたら、地元のガイドに釣りは禁止だと怒られたことがあったけど・・・。
要するに、全て船からの釣りばかりだった。

フィージーではトローリングでマグロを釣ったが、あまり面白くなかった。


タヒチ

前にもこのブログで書いたけれど美しい海と可愛い魚をみると、
とても彼らを釣り上げるような野蛮な気持ちに南の海はさせてくれない。

これは多分、良い事だと思う。

タヒチ⑫

長々と書いてしまったが、
竿だけ持って南の島を巡るボクの旅はこれからも続けるつもり。


次回をご期待ください。







スポンサーサイト
2014. 08. 06. (Wed) 11:21  [未分類コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。