≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

イサキ・リベンジ 

先週金曜、師匠からお誘い。

〇川に行きたそう。
ボクは久しぶりに〇カドか、二又に行きたかったけれど渋々従う。

畑経由で〇川に着くと師匠はやる気満々の様子。
いつものゴロタで早めに開始する。


すると、師匠に二投目で大きなアタリ!
途中で根に持っていかれそうになり乍ら、
何とか目出度くフィッシュ・オン。

師匠イサキ

40センチオーバーの伊豆半島初イサキ。
小躍りしながら喜ぶ師匠。

まだ日没には時間がある4時過ぎだった。

そして、更に日没後のゴールデン・タイム。
師匠、同サイズをもう一枚追加。

ボクはというと、未だアタリなし。
………。
解ってはいるが、
師匠と同じゴロタの大岩に乗っかっての投げ合いだと距離にアドバンテージが出てしまう。
短足・重心低めの怪力男と、重心高めの非力のボクに勝ち目はない。

しかし、この場所にはボクなりのポイントがある。
大型イサキを二枚上げて、息の上がって休憩中の師匠をしり目にポイントにシャトルを投げ込む。

すると見事に意地のヒット!

いつもの時間の、いつものポイント。
竿が持ってゆかれるくらいの大型。
必死にリールを巻くが、途中の掛け上がりに何度か潜られる。

思いっきり竿を立てて魚を浮かせる。
そして、やっとウキもカゴも海面に浮き上がる。
一安心と力を緩めたら、
そこでまた潜られてしまった……!?

ムムム、万事休す。
いくら引いても、緩めても、
奴は、出てこない。

根掛かり

ボクに代わって師匠が竿を立てるが、頑として動かない。

ラインを持って引き寄せたら、
太字のムツ針の9号が折れて上がってきた。


結局、この日はこれでお終い。
ゴロタに波がかぶってくる。

寂しく一人で帰る。




翌々日の昨夜。

同じ場所に一人リベンジに向かう。
今夜こそ、イサキ退治。

しかし、
この日もゴロタはウネリが高く入れない。

仕方なく、東風が強くて無人の堤防へ。

北川

それでも一人、孤独にカゴを投げ続ける。


そして、やって来たゴールデンタイム。

ウキがショボショボと入る微妙なアタリ。

ヒラヒラと海面を泳ぎながら小型魚が上がってくる。

直ぐ後にも、同じアタリ。
又しても25センチ位の小型のアジ。
その後にも同サイズ。
これじゃアオリの餌と同じ大きさ。

ションボリ。

暗くなっても堤防はイサキのアタリなし。

釣り上げたキンギョに姉妹のトラ猫が寄ってくる。
可愛い顔してるので一匹づつわけてやる。


イサキ、リベンジ成らず。
伊東温泉の「新井の湯」で温まり、
さみしく帰京。


今週も、行くぞ!!!
場所は明かさない。



スポンサーサイト
2013. 06. 03. (Mon) 16:45  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。