≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『ぼっちゃん』 

秋葉原で起こった無差別殺人事件をモチーフにした大森立嗣の新作をユーロスペースで観る。

ぼっちゃん①

「ゲルマニウムの夜」は未見だけれど、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「まほろ駅前多田便利軒」に続いて長編映画は4本目で、5本目も控えているらしい。

前作に比べると遥かに取っ付き難い映画になっている。
でも、決して嫌いな映画ではない。
むしろ好きな部類に入る。

モテない、金がない、友達いない、正社員でない。
この映画では「キチガイ」と言う。

そんな「キチガイ」同志の友情と亀裂。
裏切りたくない裏切り。
そして「キチナイ」の女の子との哀しい恋愛。
そんな若者たちがこの映画の中で傷つき、のたうち回り、叫びながら疾走する。

「社会の底辺で蠢く若者たちの苦悩」なんて、上から目線でしか語れない大新聞やマスコミの映画評では決して理解できない映画を今回も大森立嗣は創った。



ぼっちゃん③

予想とおり、最後に秋葉原に向かう二人。
でも、そこから解らなくなる。
解らなくても良いのだろうけれど、
その辺を聞いてみたくて上映後のティーチ・インを見学した。
やはり、解らなかった。

ぼっちゃん②

大森立嗣は秋葉原は嫌いだと言っていた。
昨年の衆議院選挙で、日の丸と日章旗が揺れた秋葉原をボクも嫌いだ。
意味合いは違うと思うが…。

最後に久しぶりに会った大森立嗣と握手して劇場を後にした。
今度彼と会ったら、ゆっくり話してみよう。






スポンサーサイト
2013. 04. 14. (Sun) 19:16  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。