≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『007 スカイフォール』 

『007』シリーズ23作目にして、50周年。
ということは、ボクが『殺しの番号』を観たのは中学生の時だった。
‥‥‥早いね、時が経つのは。

スカイ・フォール①

冒頭からのアクションシーンはいつもながらド肝を抜かされる。
トルコの街の屋根の上をオフロード・バイクで追跡するシーンは並大抵のスタントではないと思う。
でも、それがないと『007』ではないか…。
それに、ボクはボンド役はこのダニエル・グレイブがショーン・コネリーに次いで好きだ。
ショーン・コネリーほどキザではないけれど、アクションはとても上手いし、背広の立ち姿も格別にいい。

スカイ・フォール②

お話は、いたって簡単だが見せ場はふんだんにある。
列車の上での『北国の帝王』みたいな格闘シーンは少し長いけれど、
最後のスカーフォールにMと一緒に向かうとき旧型のアストンマーチンに乗る。
その時、この映画では初めて流れるお馴染みのテーマ・ソングにはこの英国人の監督(サム・メンデス)のコダワリが感じられ、一気に観客を画面に惹きつける。

ボンド・ガールの二人(ナオミ・ハリスとベレニス・マローン)も中々、いい。

スカイ・フォール③

そのベレニス・マローンと上海でセックスした後に、ヨットで船出した先が長崎の軍艦島なんてシーンもあまりにもダイナミックで驚かされるけれど…。

そして、ボクが一番気に入ったのが、アルバート・フィーニーの登場だ。
ボクらの年代の映画ファンなら知らないとモグリだ。
『長距離ランナーの孤独』(トニー・リチャードソン)や『土曜の夜と日曜の朝』(カレル・ライス)等の主演俳優。
『土曜の夜~』のラストシーンはボクのフェバレイトだ。

しかし、今回はボンドの故郷であるスカイフォールの番人役のでっぷり太った老人だ。
ボンドと一緒に強力な火器で武装したテロリスト集団に取り囲まれ、旧式なショットガンだけで闘う時、
ボンドから「覚悟は出来てるか?」と聞かれて、
「お前が生まれる前からできてるよ、坊や!」と返すところは、あまりに粋なセルフで唸ってしまった。

それ以外にも嬉しさは詰まっている。
東西の冷戦が終結してボンドたちMI6の敵が無国籍のテロリストになってしまったのは残念だけれど、
そのテロリストのボスのバビエル・バンデム(『ノーカントリー』の悪党)も、これも中々いい。
あの、入れ歯を外すシーンは本物なのか?
誰か教えて。

兎に角、『007』を観る時はボクは田舎の中学生に戻って映画を楽しんでしまう。
これは習性かもしれない。

シリーズが始まった年齢に戻って愉しめる、嬉しい映画。

スカイ・フォール④

このナオミ・ハリスが色っぽいくて、カッコイイ年上のお姉さんに見えてきて、
大人になったら、あんな彼女が欲しいなんて思ってしまう。
‥‥‥。

今では叶わぬ夢になってしまったけれど………。

『007』は、
やっぱりイイな。








スポンサーサイト
2012. 12. 07. (Fri) 13:33  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。