≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『桐島、部活やめるってよ』 

どうも今の歳になって、高校生のハナシの映画も無いだろう、と思っていた。
でも、この監督(吉田大八)意外に好きだ。
『パーマネント野ばら』や、『腑抜けども、悲しみの愛をみせろ』は笑って、泣かせてくれた。
それで、やっと劇場へ。

霧島②

校内の人気物でバレー部のエースの桐島が部活を辞めるらしい。
その噂が広まり、桐島の彼女、桐島の親友、バレー部で桐島の代わりをやらされる部員…。
そして、桐島の親友のモテ男の彼女、その親友を好きになった吹奏楽部の女子キャプテン、バレー部と一緒に体育館で練習しているバトミントン部の女子生徒など‥。
沢山の高校生が放課後に部活に励み、帰宅部の女子生徒や男子生徒も校庭で屯ろする。
その中で、一番の出色は映画部の二人とゾンビ役の生徒たち。
そんなある地方都市の高校の数日のお話。
結局、桐島は登場せずにエンド。

何だか良く解らないまま終わってしまう。

同じ「金曜日」が何回も出てきて、同じ場面が違う角度で繰り返される。
これは後のシーンでタランティーノの話が出てくるので、『レザボア・ドッグス』なのは判るけれど…。
それだだったら、ボク等の世代的にはフレンチ・ノアールの『現金(げんなま)に手を出すな』の方が解りやすい。
誰かが「ゴドーを待ちながら」なんて演劇の古典を持ちだして語っていたりしたけれど、それも的が外れた話だろう。

思えば自分の高校時代なんて遥か昔の事。
そんなオヤジに判る訳ないか。


揚句、
何と書いてよいのか判らない儘、忘れてしまう映画もある………。






スポンサーサイト
2012. 09. 30. (Sun) 15:56  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。