≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『そして友よ、静かに死ね』 

そして友よ①

『あるいは裏切りという名の犬』のオリビエ・マルシャンの新作。
原題が“Les Lyonnais”で、多分「リヨンの人」という事か?
そして、英語題が『ギャング・ストーリー』、これは分りやすい。
1970年代のフランスのリヨンに実在した実際のギャング団の話にフィクションを交えている。

主人公のモモン(ジェラール・ランバン)とセルジュ(チェッキー・カリョ)はガキの頃からのチンピラ仲間。
彼らは強盗を生業にする悪党だったが、仲間同士の結束が非常に強い。
そして、同時に裏切りには異常な冷酷さを見せる。
そんな男同士の友情と家族愛の話。

還暦を迎えた現在の二人と、チンピラ時代、派手にギャングをやっていた時代が交互に展開し、同時にモモンの今の妻(ダニエル・デュバル)との恋愛話などが薫り高く描かれる。

そして友よ②

今はギャングから足を洗い、妻子・孫たちと平和に暮らしているモモンの所に親友のセルジュが逮捕されたという知らせが入る。
モモンの事、必ずやセルジュの脱走を企てると睨んだ警察が動き出す。
更にセルジュを狙っているのは警察だけではなかった。
仲間割れした昔のギャング達も動き出す。

フレンチ・フィルム・ノアールの本流を静かにたゆたっている快感に全身が酔ってしまう。

そして友よ③


とにかく、この主役のジジイの二人の渋さは絶品ものだ。
故あって逃亡中のセルジュの一人娘を預かっているモモンが、
娘のダメ亭主を制裁する所などは娘を持つ我身には痺れる場面が続く。

ハナシのネタはたいして複雑でもないが、これから観る人に気の毒だからあまり書かない事にする。

ところで、この題名は昔のアラン・ドロンの『友よ静かに死ね』に酷似しているが、
内容はむしろ同じドロンの『ル・ジタン』とよく似ている。
共にジプシー族出身で差別されていたというベースが一緒だ。

昔のフランスのギャング映画も日本のヤクザ映画も原点は同じなんだと改めて思う。

監督のオリビエ・マルシャンがかって警察官だったというキャリアも映画の後半の警察とモモン・セルジュとも取引話にリアリティを感じさせる。

この映画、お薦めです。

そして友よ④

日本映画では北方謙三原作・崔洋一監督・藤竜也主演の『友よ静かに眠れ』というのが、あったっけ…。



スポンサーサイト
2012. 09. 20. (Thu) 11:02  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。