≪ 2017. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 10 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

老兵は死なず、・・・ 

先週も東の磯の予定が、又しても西に変更。

金曜からいつもの○○○○根に入っていたスーさんから、風・潮ともに悪し、
朝からボウズとの情報を聞いた師匠が直ぐに西伊豆に変更する。

いよいよイサキと活き込んでいたが、仕方なく従う。


先ず、藤沢の畑。

逡狙convert_20120416105336[1]

水菜にとうが立ち、菜の花に…

白菜もそうだった。

しばらくは観賞用にそのままにする。





車を走らせ、西伊豆へ。

着くと雨。

謌ク逕ー髮ィ_convert_20120416105551[1]

その中で、師匠と佐々やんと、東からボウズで回って来たスーさんがカゴ釣りをやったみたい。
しかし、
全員ボウズ。

前の日には60センチ以上の真鯛が釣れたらしいのに…。

薄暗くなってから皆仕掛けを代えて、サンマ餌に変更。

ボクも始める。

湾内には数艘の太刀船が煌々と明かりを灯している。

謌ク逕ー螟彑convert_20120416105639[1]

船では結構上がっているらしいが、
堤防からは厳しい。

佐々やんとスーさんが一匹づつで終わり。

帰るスーさんと、そのまま釣りを続ける師匠を残して、
ボクと佐々やんは海の見える居酒屋へ。

遅くなってから、腹をへらした師匠もやっと来店。

寂しい、乾杯。




結局、そのまま帰って眠ったボクだったが、
師匠はその後もやって、ボウズ!


翌日は、ボクと師匠だけ残る。

前日の残りのコマセとエビを貰って、ボクだけカゴ釣り。
しかし、アタリ無し。

「壱の湯」につかって、いつもの中華の店へ。

暫し、仮眠。
その間、ずっと雨。

夕暮れを待って雨の中、太刀を再開。

暗くなって直ぐに、何とか一匹確保!
隣りで昨夜からボウズの師匠が焦りまくり。
。。。。。

しかし、何とかその後の小さなアタリを微妙に合わせて何とか一匹ゲット。
師匠、「二日連続のボウズ」をやっと逃れる。

その後、またしてもアタリは遠のく。

雨の中、
更に粘る師匠を残してボクは退却。




翌日。
師匠に電話する。

予想通り、その後も全くアタリ無しだったとか…。


今週こそは東に行くぞ!
思えば二年前の同じその日。
東の○○○○根で埼玉の超遠投師S谷氏とIさんとボクとで、
雨の中でイサキを爆釣した事を思い出す。

しかし、あの時と違うのは水温。
今は未だ冷たい。

情報では、漁師のS君が○○○○根で○○○を○匹とか!?

そして、○神堤防でもフカセ釣りで大型の○○○が出たとか!?

各地で春の釣果を聞く。
寂しいのはボク等だけか…!


「…老兵は去るのみ」と言われない為に、
今週の水温の上昇を、神頼みする。


スポンサーサイト
2012. 04. 16. (Mon) 11:38  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。