≪ 2017. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 10 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

雨男か、嵐男か…!? 

この所、週末がずっと雨。

師匠が、西伊豆で太刀魚を釣りたいと言うので付き合う事にした。

いつものように藤沢の畑に寄りキャベツやブロッコリーを収穫。
ついでに里芋を植える。
更に水菜に菜の花が咲いて来たので、これもオシタシ(オヒタシ?)用に摘む。
隣の原田さんからエシャーレットを貰う。
これは最高のツマミ。

この頃は、少し風が強いが良い天気。




その後、
○神堤防に寄り、海産物の観察。
しかし、風の為良く見えない。
少しだけ収穫で、西へ。





峠を越えて約1時間半。

いつもの西の堤防は北西の強風。
しかも、無人。
予報では南の風だったが、ここでは風が舞っていて湾口から吹いてくる。

夕方近くだったが、それでも何とか竿を出す。

しかし、投げたウキが直ぐ手前まで戻って来る。
海産物も波で見えず。

どうやらボクは風男か?

諦めて、「壱の湯」につかり、定番の居酒屋で夜の海を観ながらひとり酒。
珍しく混み合っていたが、そんな中で店の「マスター」、「女将さん」、それに息子の「調理師」が順番にボクの所に来て挨拶してくれる。
決まって「今日の釣果は?」という挨拶だけれど、
ボクの返事も「まるでダメ…」ばかり。

そのまま車のベットに潜りこむ。

夜半には雨が降り出す。
師匠達が夜中の1時頃到着したが、ボクは気付かなかった。





翌朝は、大雨。
そして嵐。

師匠はやはり、嵐男か?

仕方ないので、又、朝風呂。

そして、いつものラーメン屋で昼酒。
この店は、店主が元船乗りでレバニラ炒めが旨いのだけれど、刺身も出してくれる。
この日はサービスで生サバの昆布しめ。
これが絶品。
それに馬肉の刺身。
太刀魚とサバの焼き物。

昼間から、ビールに酒がすすむが、
外は嵐。
…呑むしか無い。

そして、車の中で又しても仮眠。
(寝に来たみたい)

しかし、夕方になると突然、風が変わる。

謌ク逕ー_convert_20120401155646[1]

おまけに、陽も射してきた。

暫しの夕景。
諦めていたが、又夕方から竿を出すことに…。

暗くなると直ぐに師匠にアタリ。

そして、師匠とK姐御に2本程来ただけで、ボクには来ない。

その内、又風が出て来る。
しかも、西の強風。

おまけに根掛かりで、仕掛け以下全部持っていかれる。
すっかりヤル気喪失。

強風の中、粘る二人を残して退却。
嵐男(?)に付き合えない!





翌日。
東京は嘘のように、良い天気。

我が家の桜も、開花!
はるうららの快晴。

譯彑convert_20120401155727[1]

ところが、師匠が居る西伊豆は強風らしい。
でも、昨夜は更に粘って6本ほど追加したらしい。

全く、もう、嫌になる。
良く聞けば、スーさんも来たらしい。
イガイガの住人のスーさんはこれで6週連続で、雨・風にやられているらしい。
イガイガが釣りにならないから西に回ったらしい。

そうか、師匠より上手の雨・嵐男が居た。
それは○ーさんだった。

それじゃ今夜も、西伊豆は大嵐だ。








スポンサーサイト
2012. 04. 01. (Sun) 16:22  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。