≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

釣り大会 

ボクが加わっているカゴ釣り愛好会の大会が日曜にあった。
でもその前に少し太刀を釣りたいと思い、金曜の夜から戸田に行った。

謌ク逕ー竭?_convert_20110808163937[1]

消滅したけれど熱帯性低気圧の余波で途中の峠は大雨だったりしたけれど、ここは小雨。
あまり釣り人は居ない。

佐々やんも到着して二人で太刀釣り。
しかし、アタリ無し…。
二時間ほどアタリを待ったが、やがて諦めて、
「壱の湯」へ。
そして、堤防のすぐ近くのいつもの港内が良く見える居酒屋。
そこで一時間ほど飲んでると師匠が到着。
太刀釣りがしたいとの事。
仕方なく、腹ごしらえをして太刀釣りの再開。

すると、宵の口には全く無かったアタリが師匠に…。
そして、続いて佐々やんにも…。
二人ともまずまずのサイズの太刀をゲット。

しかし、ボクにはアタリ無し。
こんな夜もある。
すぐに諦めて、車のベットへ。




夜中の2時過ぎに小用で目を覚ましたら、
師匠が一人でまだやっている。
しかもアタリがまた出てきたと、4本くらいの太刀を釣り上げていた。
まだ眠かったけれど、このままボウズでは帰れない。
一度仕舞った竿を、また伸ばす事に…。

運よく、しばらくしたらアタリ。
小型だったが何とかアワセが成功して、
ようやく一匹だけゲット。
一方の師匠は、憎たらしいけど順調に釣果を伸ばしている。

結局、明るくなるまで太刀釣り。
師匠は10本で、ボクは1本。
そして、途中で眠った佐々やんも1本。

この夜は、夕方と夜の早い時間は太刀は餌を追わず。
夜中だけ活発に餌を追っかけた。
定番の夜明け前後は、沈黙だった。

すっかり明るくなって、
ボク等はそのままカゴ釣り。

常連のMさん達も到着。

謌ク逕ー竭。_convert_20110808164113[1]

陽が上ると、こいつの連チャン。

繝槭Ν繧ス繝シ繝?_convert_20110808164151[1]

しかも、まるまると太い良型。
時々、サバが混じる。
それも良型。

その後、
そのまま峠越えで米神へ。





翌日。
釣り大会日。

前日のこの堤防の釣果は殆どゼロ。
予想はしていたが、かなり厳しい。

竭?螟ァ莨喟convert_20110808164229[1]

日中は流石に暑いので、5時にスタートして10時半終了。
その間に、会で決めた魚をゲットすればポイントが付き、その合計で優勝が決まる。
この日の参加者は全部で10名。
狭い堤防に親父達が並ぶ。

地元の704君や定置網漁師で釣りキチのS君達も見学で集まる。


西伊豆はソーダやサバ、そして真鯛が上っているがここではサッパリ…。

竭。螟ァ莨喟convert_20110808164313[1]

それでも年二回の交歓会。
釣果は二の次で、ワイワイとカゴ釣り。


一等賞は2万円のFBCの金券。
二等賞は1万5千円。
三等賞は1万円。
四等賞はダイワのクーラー。
五等賞はダイワの道具入れ。
六から最下位までは皆同じで、原田釣具店オリジナルの600mの道糸とヤマシタのカゴ。
参加賞は3号ハリス。




暑い中、
楽しく10時半までカゴを投げた。


そして、
大会後の記念撮影。

竭「螟ァ莨喟convert_20110808164352[1]


恥ずかしながら、
何とかワカシを釣ったボクが一等賞でした。
そして、師匠が最後まで粘ってメジナを釣って二等賞。
ボクのより更に小さいワカシを釣った佐々やんが三等賞、
でした…。

他の参加者会員の方、
ゴメンナサイ。

次回はもっと釣れる季節に開催します。




スポンサーサイト
2011. 08. 08. (Mon) 18:14  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。