≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

先週も前カドだったが・・ 

前週に続いてリベンジするつもりで、ボク一人で夕方から「前カド」に入る。

潮はマズマズ。
何か当たるだろうとせっせと餌を撒く。
しかし、時間は経てども魚信は無し。

陽は落ち、辺りはたちまち暗くなる。
月もなく、真っ暗闇。
気がつくと5月のイサキの最シーズン突入だというのに、辺りの磯にも釣り人の影なし。

電気ウキに代えて投入を繰り返すが、やはりアタリ無し。
潮はどんどん悪くなり、投げたウキがすぐ手前にまで流れてくる。
最悪の手前潮…。

満月が東の空に浮かんできた頃に、やっと師匠達が磯に到着。
先週の真アジの爆釣に、今週も期待して意気込んでやって来た。
しかし、先週は先週。
今週は今週!

潮は最悪の儘。
月の引力に引き攣られる様に東側に早く流れる。
棚をどんどん浅くしても、手前に押し流されて来てすぐに根掛かり。
12時まで粘るが、
無念のボウズで引き返す事にする。

駐車場への夜道でこれから磯に入る、所沢の超遠投師S谷氏と同じく短足遠投師スギ爺、そしてスーさん達とすれ違う。
彼らは朝までやるつもり、果たして釣果は…?

ボク等は食事を摂りに、深夜営業のレストランへ。
そして、いつもの車中泊。




翌朝は佐々やんの電話で起こされる。
そして、S谷氏からの写メール。

スギ爺

何と、スギ爺がイサキを抱えている…!

これを見た寝ぼけ眼の師匠の顔が引きつる。
「ンガ、やられた…!!」
計量したら、44.5センチとの事。
嘆くな師匠、今夜があるさ。

9時過ぎに駐車場に帰って来た皆と記念撮影。

繧ケ繧ョ辷コ繧、繧オ繧ュ_convert_20110523102610[1]

○○○に入った、S谷氏とスギ爺。
潮は相変わらずの儘だったらしいけれど、
棚をずっと浅く取ったスギ爺にマグレの様に掛ったらしい。
他に中型のゴマサバ。
S谷氏には尾長だけ。
スーさんにはウリ坊だけだった。




ボク等は気を取り直して、早めに磯に入る。

気分転換の早いしサブちゃん師匠の動画を一つご披露します。


[広告] VPS


相変わらず、フォームは力みがなくきれい。


この日の磯は潮はまずまず。

続けさまにこれぐらいのメジナが連発。
いずれもクチブト。

繝。繧ク繝垣convert_20110523104321[1]

どちらも35センチ位。

師匠にも同サイズの尾長が連続ヒット。


その後ボクには刺身サイズのアジがヒット。

だが、この夜もイサキは無し。
イサキシーズンは未だ開幕せず!

不思議な事にイサキのアタリの無い師匠がせっせと終い支度。
早めに諦めたらしい。
珍しい事もある。

閉店時間に間に合った「金べえ」へ滑り込む。

ひとり、○○○○に入ったスーさんがやっとイサキと呼べるサイズをゲットしたらしいが…。
これは現時点で未確認。

翌朝、城が崎を後にする時に一枚。

蜈ォ蟷。驥酸convert_20110523105633[1]

この朝も南西風が強く吹いていたが、
富戸の海は穏やかに凪いでいる。

イサキは何処に…?


スポンサーサイト
2011. 05. 23. (Mon) 09:34  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。