≪ 2017. 10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 12 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

GW式根島遠征・前篇 

恒例のGW式根遠征に行って来た。
去年の様に大ダイ連発となるか!?

期待を胸に竹芝のジェット船でボクを含めて4人で出航!

蠑乗?ケ竭?_convert_20110505180341[1]

式根常連のH貝氏のお喋りに付き合っていると、あっと言う間もなく船は東京湾を抜けてゆく。
2時間半あまりで式根島に到着。

繧ク繧ァ繝・ヨ闊ケ_convert_20110505180906[1]

GWだというのに客は少ない。
例年の45%ダウンだそうだ…。
ジェット船も連休初日の便だったけれど空席が目立った。

ボク等は「鈴豊」で荷物を下ろすや、借りた軽ワゴンで早速桟橋へ。


竭「譯滓ゥ祇convert_20110505180707[1]

天気は良いけど、風が強い。

師匠力作の一発カゴで開始。
残念だけれど、このカゴの写真は見せられません。

そしたら、すぐこんなのが連チャンで来た。

繝輔お繝輔く_convert_20110505180828[1]

軽く2キロは超えている。
去年これを釣った師匠を嗤ったが…、
一様キープする。
夕食に宿で刺身にしてもらったら、これが意外に美味!
師匠、ゴメン……。

噂をしていたら師匠達が乗った下田便の小さな船が沖合いに到着。

荳狗伐萓ソ_convert_20110505180945[1]

今にも転覆しそう。
全員船酔いで蒼い顔かと思ったが、意外に元気そう。
少し期待外れ…。

これで、今度の遠征8人全員到着した。

いつもの定食屋で乾杯したあと、再度桟橋にて釣り始める。

竭?譯滓ゥ祇convert_20110505180539[1]

本当は桟橋の左側に入りたいのだが、風が強くて右側に陣取る。
これが今回あまり釣果が伸びない原因かもしれない…。
やはり、桟橋で釣るなら水深のある左がベストか…?
いや、まだ分からない。
始まったばかりだ…。

それでも流石に師匠。
この日の最後に上げたのがこのイサキ。

蠑乗?ケ縲?繧、繧オ繧ュ_convert_20110505181605[1]

ボク等が風が強くて寒いので竿を仕舞った後だった。
サブちゃんの粘り勝ち!


夜は師匠の釣ったイサキとボクが釣ったフエフキとウマズラの刺身で乾杯!




翌朝は2時頃には起きだして、桟橋で開始した。
今年は桟橋一本に決めて攻める事にしている。

譯滓ゥ銀贈_convert_20110505180623[1]

師匠の連れ合いのK子姉も人が少ないので、
思いっきり両軸を振っている。

ボクもこの右側で始める。
しかし、今年は未だ大ダイが出ない。
形のいい尾長は良く釣れる。
でも、欲しいのはメジナではない!

菴舌?・d繧薙??繝。繧ク繝垣convert_20110505181205[1]
これは佐々やんが上げたメジナ。
軽く50㎝オーバーだ。

早朝から遠投を繰り返すも、
メジナしか喰わない。
睡眠不足のボクは、宿に帰って朝めし休憩…。
今日はこれでおしまいかなんて思っていた。


そんなボクが居ない桟橋で、事件は起こった!
その模様は見てないので、師匠からの伝え聞だが…。
先ず佐々やんのウキがすぽっと入り、竿が大きく曲がる。
メジナではない強い引きにシマアジを確信したという。
周りのみんなが佐々やんの傍に集まる。
やりとりの末に上がったのがこの立派なシマアジ。

菴舌?・d繧薙??繧キ繝槭い繧ク_convert_20110505181241[1]

この男、「島」にはめっぽうついている…。
それだけは認めてやろう。
すぐ前にも50㎝オーバーのメジナを上げている。
本土では、からっきしだけど…。

そんな騒ぎの中、K子姉の置き竿のリールのアラームが「ジーッ、ジーッ」と大きく鳴っていた。
誰もそれに気付かず佐々やんの釣ったシマアジに見とれていたらしい。
馬鹿なK子姉の餌に喰らいついた魚(シマアジ?)はリールに巻かれたラインをすべて引き出し、更にバッカンに掛けていた竿もろとも海に引き込んでしまった。

皆が気付いた時には、すでに竿とリールはシマアジに引っ張られて海上を向かいの新島に向かって一直線。
あっと言う間に遥か彼方の海上に消え去ったらしい!?
あれだけ引っ張ってゆくのは、メジナでは決してない。
絶対に巨大なシマアジ!
佐々やんのシマアジのタモ入れをしていた師匠の顔があっけにとられる。
しかしその後、サブちゃんの怒りが爆発したのは言うまでもない!

佐々やんは、去年に引き続き50㎝オーバーのシマアジを上げる。
連れ合いのK子は、自分が買った新品のゴールド版のABUとガマカツの竿もろとも海の藻屑にしてしまう。
(損害、約10万円。)
自分はこの日は、朝から一回のアタリすら無い…。
ヘレン・ケラー以上の三重苦!
師匠で無くとも怒るのには、同情する。


話が盛り上がったところで、

To be continue



スポンサーサイト
2011. 05. 06. (Fri) 17:47  [釣りコメント:1  トラックバック:0

コメント














 

こんにちは、

シマアジ・カスミアジ・イイ引きしますね。
私の最も好きな魚種です。

私も、PE0.8 リーダー12ポンドで4連敗中。。。
そして、PE1号と1.5号にアップしました。。。

食って旨く、釣ってひき味が最高。 そして、ライトタックルで行うアジ釣りは、、、好敵手です。

シマアジは一枚上がったら、ご近所に必ずいます。他人様が釣れたら、、、チャンスですネ。 
2011. 05. 07. (Sat) 12:04 AGA [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。