≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『毎日かあさん』 

昨日も、映画を観た。

毎日かあさん?

去年観た『酔いがさめたら、家へ帰ろう』(東陽一)とストーリーはほとんど一緒。
同じ話を妻側と夫側で作った表裏の様な映画だった。
小泉今日子と永瀬正敏。
浅野忠信と永作博美。
どちらもいい味を出しての好演。

これまでに観た西原恵理子原作の映画に
『ぼくんち』(阪本順治)の観月ありさ、
『パーマネント野ばら』(吉田大八)の菅野美穂、
等があるけれど、みんな良かった…。
何故だろう?

ボクは西原のマンガは殆ど読まない。
同じ小泉今日子が演じた『グーグーだって猫である』(犬童一心)の原作の大島弓子のマンガは良く読む。
しかし映画の出来は、明らかにに西原に★が多い。
同じ女性マンガ家を演じてもだ。

これは多分、西原のキャラというか生き様が面白いからだろう。
作家やマンガ家、音楽家等、○○家とつく芸術家を主人公にした映画は沢山ある。
その中でも、西原は特出な人かもしれない・・・。

毎日書かさん②


そして監督の小林聖太郎。
今までボクが観た、その西原原作映画の中で最高作を創ってくれた。
出演者の力量に負うところが多いかもしれないが、それを創りだしたのも演出だ。
関西人らしく、子役の手なずけ方も上手い。
この映画で、もう上岡竜太郎の息子なんていう代名詞では、呼ばれないだろう。

極度のアル中で貧乏で意志が弱くて甲斐性のない男の面倒をみる女の話を、
生活力はないけれど人一倍子煩悩な男が癌で死んでゆくまでを、
家族と過ごすかけがえのない日々を、
とても感慨深い映画に仕上げた。



エンドタイトルに流れる、木村充揮のバラードがこの映画を引き立てる。

ケサラ


海を見てると 君のことを思い出す
振り向きざまの あの笑顔この胸に広がる

楽しい楽しい日々を 辛く切ない日々を
君と共に暮らした日々を 忘れられない日々を
ケサラ ケサラ ケサラ 今日の一日を 
雨の日も風の日も ケサラ サラ サラ


夢の中行き交う 今日もいろんな人が
争うことなく暮らせるように 共に暮らせるように
ケサラ ケサラ ケサラ 君の生き道を 
雨の中 風の中 ケサラ サラ サラ

ケサラ ケサラ ケサラ 巡る季節の中を 
前を向いて歩いてく ケサラ サラ サラ
ケサラ ケサラ ケサラ 今日の一日を 
ふれあい 分けあい 愛しあう ケサラ サラ サラ

ケサラ ケサラ ケサラ 今日の一日を 
前を向いて歩いてく ケサラ サラ サラ
ケサラ ケサラ ケサラ 今日の一日を 
前を向いて歩いてく ケサラ サラ サラ
ケサラ ケサラ ケサラ 今日の一日を


http://www.youtube.com/user/janjan18janko#p/u/17/ccj3GjvLPT0http://
スポンサーサイト
2011. 03. 24. (Thu) 11:16  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。