≪ 2017. 06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 08 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『トゥルー・グリッド』 

『ファーゴ』や『ノー・カントリー』のコーエン兄弟がスピルバーグと組んで撮ったのがこの作品。
ジョン・ウエインの『勇気ある追跡』のリメイクである事も周知の事実。
コーエン兄弟がこの古典的で男臭い西部劇をどんな風にアレンジするのかが一番の興味だった。

トゥルー②

でも、がっかりと言うか意外と言うかコーエン兄弟のファンには期待はずれの映画になった。
むしろ、
ストーリーテリングの手腕が目立つ一級の娯楽作に仕上がっていた。

普通、リメイク作品は前作より面白いという評判はあまり聞かない。
しかし、コーエン兄弟は前作と同じ土俵の上で堂々と渡り合い、
プロットの巧さと俳優たちの男臭さで前作を上回ったかもしれない。

ボクは『TURU GRID』を「真の勇気」と直訳するのかと思っていたが、違った。
これは「真の根性」と訳すべきだとこのコーエン兄弟版を観て思った。
その「真の根性」ある男たちの生き様を描いたのが、この映画だった。

ジェフ・ブリッジス(ルースター・コグバーン役)の男臭さは『クレージー・ハート』で立証済みだし、
馬の手綱を口に咥えての二挺拳銃も披露してくれる。
拍手したい程、嬉しい場面だった。
マット・デイモン(ラビーフ役)も下手をすれば口先だけのテキサス・レンジャーの若造になりがちなこの難役を、立場をわきまえてカッコ好く演じている。
出番は少ないが、ジョシュ・ブローリンも卑怯な悪役が実にハマっている。
そして、14歳のマティ・ロス役のヘイリー・スタインフェルドの可愛いことは言うに及ばない。

クライマックスでガラガラ蛇に噛まれた彼女を鞍の前に乗せ、星の降る草原を疾駆する姿は西部劇の定番だけど、やっぱりワクワクさせてくれる。


トゥルー①

25年後のラストシーンには、根性ある男たちは登場しない。
命は取り留めたが、片腕の無い中年女になったマティ・ロスが登場するだけ。
ルースターは3日前に死亡。
ラビーフも行方が知れない。
しかし、生涯独身を通したマティ・ロスはルースターの遺体を引き取り、
自分の牧場に埋葬する。

彼女が独身を通したのは、
25年前の追跡の旅で出逢った「真の根性」のある男達以上の男に巡り合わなかった所為だろう…。


スポンサーサイト
2011. 03. 21. (Mon) 19:09  [映画コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。