≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

寒波の中③ 

朝、2時半に佐々やんからの電話で起こされて○○○○根まで行ってきた。

家から車を蹴って約2時間ちょっと、
駐車場には何と○○○○根の住人・スーさんも会社を有休してお出迎え。
ヘッドランプの明かりで支度して、まだ辺りは暗い内から3人で入磯!
いつもこの時ばかりはウキウキする。
背負子を担ぎ、険しい磯場を抜けて先端へ。

繧、繧ャ繧、繧ャ_convert_20110122133725[1]

磯は我々以外は無人。
夜明けと同時に、カゴを投げ始める。
太いラインの上、イッパツ籠なのであまり飛ばない。
でもこれで十分の距離のハズ…。

やがてスーさんのリールのアラームがジーッ、ジーッと鳴る。
すかさず合わせたが、竿の曲がりは大したことはない。
上がったのは35cm程の尾長。

ボクと佐々やんは黙々とオキアミの投入を繰り返す。
中通しのウキは朝日が逆光で見えない。
竿の曲がりか、リールのアラームで魚信を取るしかない。
しかし竿に来るようなアタリは、未だない。

風もなく、天気は良い。
コンディションだけは最高。

繧、繧ャ繧、繧ャ縺九i_convert_20110122134453[1]

となりの根やその向こうの根にはフカセ釣り師達がどんどん入って来る。

ハリスの細いスーさんだけが、メジナをどんどんと釣ってゆく…。
ボク等の太い仕掛けにはメジナは喰わない。
仕方がないが、ハリスの号を落とす訳にはいかない。
付け餌用に買って来た冷凍のホタルイカが時々齧られたり、無くなったりするがこれは多分河豚系の仕業だろう。

時々その餌が丸々残って来る事がある。
その時はチャンスだ。
近くに大物がやって来て、餌取りの小型の魚が逃げ出した可能性があるのだ。


ボク等がこの日この根でマサを狙う事を知っているが、仕事で来れない師匠や埼玉の超遠投師S谷氏が何度も携帯を鳴らす。
ボク等の様子が気になって仕方が無いらしい。
師匠などは、佐々やんとボクに交互に30分置きに電話してくる。
まったく仕事に手が付いていない。

そんな時、佐々やんが師匠に意地悪をした。
「ついにナベちゃんが5キロのマサを上げた!」と、はったりをかました。
電話の向こうの師匠が一瞬絶句して、凍りついたらしい。
多分、額にはたらり汗が落ちた事だろう…。
そんな様子が手に取る様に分かる。
師匠にとっては弟子のボクが、自分よりビッグは魚を釣る事は絶対に許されない、沽券に関わる事だ。
嘘だと知って、ホッとしたらしい。

しかし、実際のところはアタリが全くない。
昼近くまでやり、
先ず佐々やんが脱落。
そして、ボクも3キロ買って来たオキアミが無くなる頃、終了。
予想通り、釣果無し…。
スーさんだけが、中型(40㎝以下)のメジナを10匹程。


伊東まで引き返し、「道の駅」の温泉に。
天然の湯は、いつもボク等を温かく迎えてくれる。
身体も、心も、ゆっくりお湯の中で弛緩してゆく。

マサは又しても不発、次週に持ち越し。
気持ちを入れ替える。


昼食を取り、パオと名づけられた仮眠室で休憩。


そして、
性懲りもなくボク等が向かったのは宇佐美のこの堤防。

螳・ス千セ酸convert_20110122133820[1]

今度は烏賊釣りだ。

すこし遅れて、又してもスーさん登場。
又3人で、今度は暗くなってから鯵を投入。
朝は明るくなって始め、夜は暗くなって始める。
ヘンチクリンな1日だ。

しかし、無情にも軟体系にもボクと佐々やんは見放される。
スーさんだけが、アオリを2ハイ、ヤリを2ハイ。

ボクと佐々やんは10匹買った鯵が無くなり、夜も撃沈!
8時過ぎにやって来た師匠達に思いっきり、苛められる…。


スーさんは次の日また同じ根に入る為、朝の駐車場へ。
伊東の銭湯に入り、車の中で酒盛りらしい。

ボク等はいつもの伊東の焼鳥屋へ。

そして、翌朝暗い内にボクだけが家路に着く。
茅ヶ崎辺りで、夜明け。

譛晄律_convert_20110122133902[1]

今朝もあの根では、
マサを求めて懲りない釣り人が餌を撒いているのか?
ボクは自宅で猫の餌撒き…。


我が家は、
家人と娘が別々にハワイ旅行の為、全員留守。
3匹の黒猫達が、ボクの帰宅をお腹を空かして待っている。


迪ォ_convert_20110122153019[1]

この連中、娘や家人が留守だとボクのベッドの上で眠る。
おかげで、ボクは足を縮めて寝るしかない。
迷惑千万だ。




【追記】
前日の夜、焼鳥屋の後。
宇佐美の堤防で夜中に師匠が鯵釣り。
アオリイカを3ハイ、ゲットしたとの事。

そして、翌日の○○○○根。
前日のスーさんに続き、S谷氏達も入磯したらしい。
結果はまだ聞いていないが…。



スポンサーサイト
2011. 01. 22. (Sat) 16:09  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。