≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

寒波の中… 

日本列島が寒波に襲われている中、
三夜連続で米神でアオリイカを狙った。

先ず、金曜日。
師匠も佐々やんも寒さに怖気付き、休み。
ボク一人で米神へ。
堤防には7~8人。
エギが5人程で餌が2人程。
珍しく知った顔が居なかったけれど、右側に何とか入れた。

邀ウ逾樣≡譖彑convert_20110117104920[1]
(この写真は露出を全開放にして撮ったもの、実際の肉眼ではぼんやりとしか人影が見えない。)

エギングのお兄ちゃんたちが、頻りにキュ!キュ!とロッドを鳴らせているけれど誰も乗っけてはいない。

そして、毎日来てるはずのアジ餌の常連組が誰も居ない。
という事は、このところ釣れていないという事かも…?
暗くなって一時間程しても、アタリが無い。

…となりの同じ鯵仕掛けの釣り人と今夜はダメかなと話していた時、
ボクのウキがボソボソと沈んでゆく。
これは怪しいゾ……?
ゆっくりと糸ふけを取り軽く竿を上げると、ククッと感触。
間を入れずグイッと合わせて、アオリを乗せた!
一杯目なので慎重に寄せてタモ入れ。
中型だけど何とか取り込めた。

二杯目はすぐ来た。
先ほどのイカの処理をしてたらウキが無い。
慌てて竿を上げると、今度はグーンと重い。
キロはいかないが、7~800gはありそう。

繧「繧ェ繝ェ繧、繧ォ驥第屆_convert_20110117103156[1]

寒さに負けて家に居る、
師匠と佐々やんに此れを写メールしてやった。

活きアジ3匹でアオリ2ハイは上等。
7時前には終了して帰宅。

家人の機嫌良く、大きい方のアオリを刺身にしてくれる。
風呂上がりの、ビールで乾杯。




土曜日
同じく米神堤防。

邀ウ逾枩convert_20110117103245[1]

この日は天気はどんより曇っていて寒さは厳しいが、
ガッツのある釣り人は多い。
横浜から毎年いつも来ているフカセ釣りのカップル達で、冬場にしては賑わいをみせている。

更に暗くなりかけるとイガイガ帰りのスーさんを始め、地元の常連O館さん、K丸の船長のSチャン等のイカ釣り師達が集合!
しかしながら、ヘタレの師匠と佐々やん達は今日も休み。

ボクはというと、
今夜もチョチョイのチョイと釣って、
早めに帰ってアオリの刺身で熱燗と思っていた。
ところが、釣りの女神様は米神のトイレにはいなかった……。

流石S船長の予想どおり、昨日より30分程早くアオリの汐時は来た!
スーさん、O館さん、S船長達が大きめのアオリをどんどんと揚げてゆく。
しかし、何故だかボクだけ来ない…。
後からやって来た地元のO川さんなんかは、エギングの連中の間に割って入ったかと思うと、一匹目を投げて直ぐに竿が曲がっている。
………うーん、オカシイ。
アタリの最盛期でもボクのウキだけは変化がない。
時間だけが過ぎて行く…。
しびれを切らし、あまりに釣れないのでハナ管に付けた筈のアジを再度確認したら…、
愕然!!!
先ほどまで元気で泳いでいたアジが逃げている。
又しても痛恨の仕掛け結びのミス!
トホホホ…。
今年から市販されている仕掛けに替えて、自作の仕掛けでやっていたのだが…。
夕方、スーさんから教わった結び方で遣っていれば良かったが、後の祭り。

残りは一匹だけ、活きが弱ったのでバケツに返していた瀕死のアジを投入するしかない。
ホントはこの時点で、追加のアジを買ってくれば良かったのだが…、少しケチをしてしまった。
貧すれば鈍す。

となりのスーさんはヒラマサには逃げられたけれど、
大きなアオリを3杯揚げて帰り仕度。
悔しい…。
そして最後に、ついにボクの瀕死のアジにもこの日初めてのアタリが来た。
……しかし、少し遠目に流していたのが仇になり痛恨のバラシ!

悔しさだけが募る、土曜日だった。

邀ウ逾槫悄譖懈律竭。_convert_20110117103445[1]

邀ウ逾槫悄譖懈律竭?_convert_20110117103405[1]




そして、翌日曜日。
スーさんに教わったハナ管の結びを自宅の釣り部屋で復習。
新しい仕掛けを5本程作成。
そうすると、途端にまた行きたくなる。

家人の許可も出た。
昨日のママ車に乗せていた道具で3夜連続のお出かけだ。

邀ウ逾樊律譖懌贈_convert_20110117103623[1]

邀ウ逾樊律譖懌蔵_convert_20110117103541[1]

この日は天気が良い。
定点観測の様に昨日と比較。

堤防から房総半島が蜃気楼の様に浮かんで見える。

謌ソ邱柔convert_20110117132034[1]

堤防上には
昨日もいた横浜のカップルと、久しぶりに遠ちゃんが一人でカゴを投げていた。

ブラブラ遊んでいるうちに、暗くなりかける。
すると又、
寒さ知らずのイカ釣り師たちが集まって来る。
昨夜のメンバーに久しぶりにT川チャンも加わる。

そして、昨日のリベンジはあっけなく果たせる。
今日は昨日より更に汐目は早いと読んだボクは、
まだ明るい内に電気ウキに火を入れて、アジを投入。

白いウキがよく見えないうちから、置き竿にアタリが出る。
グッと合わすと、ググッグーと気持ちよいアオリイカの乗り。
昨日は玉網入れ係だったボクが今日は仲間に玉網入れされる番。

2ハイ目は直ぐ来た。
まだ明るい内に2ハイゲットで、
今夜もヘタレの師匠と佐々やんに写メール。

繧「繧ェ繝ェ繧、繧ォ竭?_convert_20110117103746[1]

これが最初の烏賊。
そして、小型ながら2ハイ目。

繧「繧ェ繝ェ繧、繧ォ竭。JPG_convert_20110117103822[1]

小さい方が実は刺身には旨い。

そして、しばらく休憩したした後に3ハイ目ゲット!
この日は、4匹アジを買って来て3ハイのアオリイカを揚げることが出来た。

T川チャンが大型のアオリ(一つはキロオーバー)を2ハイゲットしたのを見て、ボクは帰り支度。

7時には車上の人となる。



帰り途、
翌日に畑の仲間たちとの新年会が渓太のお袋の店である。
藤沢の渓太の実家に寄り、大きい方のアオリを2ハイ置いてくる。
これは新年会の為に渓太のお袋さんが料理してくれる。
残りの1ハイは自宅へ持ち帰り。

ボクの晩酌の褄になる。


烏賊の夜釣り3連チャンは初体験だった。
厳冬期の釣りもまた、楽し!


スポンサーサイト
2011. 01. 17. (Mon) 14:04  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。