≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

イカは何処に? 

今週も伊豆半島を一周してしまった。

先ず、アオリイカが去年は良く釣れた戸田へ向かう。
途中の三津浜でアジを購入。
此処は一匹100円。
去年に比べると値上がりしていたけれど、東に比べると半額だ。
餌屋の兄ちゃんは愛想が悪いが、鯵の活きの良さは伊豆随一なのでいつもこの店。
しかも、おまけでケミも入れてくれるし、氷もタダでサービスしてくれる。

夕方真城峠を越える時、車の温度計を見たら1℃だった。
標高は500m位、これでは夜間は路面が凍る。

いつもの堤防では先に着いていた佐々やんが寒そうに竿を出している。
ボクもすぐ支度してアジを投入。
地元の元バーベキュー屋のYさん、ヤリ烏賊釣りの名人だけけれど今日はサッパリらしい。
沖を見ると、何と太刀船が5艘の出ている。
まだ太刀が釣れていたのだ…。
残念だけれど、太刀の仕掛けもサンマも持っていないので諦める。
案の定、イカは出ず。
7時過ぎには終了。

「壱の湯」に浸かって、いつもの赤ちょうちんへ。
ナマコに湯豆腐に熱燗…。




翌日、暗い内に戸田を出て松崎新提へ向かう。
新堤防は工事がほぼ終了して立派な駐車場が出来ている。
これで安心して釣りが出来る。
しかし、寒さの為か広い堤防は無人。
魚は居ないのか?
不安が過る。

譚セ蟠寂蔵_convert_20110109113435[1]


それでも先ず昨日の鯵をまだ活かしていたので、停めた車の直ぐ前で朝のアオリ狙いで開始する。
鯵は元気よく泳ぐけれど、アオリのアタリらしきものは無し。
堤防でカゴ釣りをする為、海に背中を向けてアミエビを融かしていたらいたら、突然佐々やんが呼ぶ声!
佐々やんが持ち上げたボクの竿が大きく曲がっている。
そのまま上げていいよと言ったけれど、佐々やんはバラすと怖いのでとボクに代わる。
竿を持つと強い引き、でもイカの引きではない。
ひょっとして…。
頭を過るのはヒ・ラ・メ!
佐々やんに慎重にタモ入れしてもらったのがこれ。

繝槭ヨ繧ヲ繝?繧、_convert_20110109113349[1]

40㎝以上あるマトウダイだった。
餌の鯵もカンナも総て大きな口で呑みこんでいた。
以前、平目狙いの沖船での外道で何度か釣った事があるけれど、この大きさは初めて。

松崎新提の幸先は良し。

大堤防に上がり、カゴ釣りを始める。

譚セ蟠寂贈_convert_20110109113654[1]

天気は最高!
風は後ろからそよそよ。
言う事なしだが、ウキに変化なし。
暇なので、

譚セ蟠寂促_convert_20110109113735[1]

譚セ蟠寂造_convert_20110109113519[1]

奥の雪を抱いた山並みは、南アルプス。
手前の岬は安城ヶ崎。

結局、11時近くまで粘るも松崎新提はアタリ無し。
同じ頃、城が崎の某磯では6キロ位のマサが上がったらしい。

夜、師匠達が宇佐美に来るので移動する事にする。

下田を通過して白浜の手前、
今度は板見の堤防。

譚ソ隕銀蔵_convert_20110109113908[1]

昨夜から、埼玉の超遠投師S氏がカゴを投げている。
ナマコ採りの漁師が海を覗きながらシマアジが沢山泳いでると教えてくれる。

譚ソ隕銀贈_convert_20110109113945[1]

しかし、メジナしか喰わないみたい。

S氏達と別れて、東伊豆を北上する事に。
河津、稲取、白田、北川と海岸線を走る。
途中、伊豆大島は勿論のこと利島、新島、式根、神津と空気が乾燥して晴天なのでよく見える。

そして、大川の露天風呂に久しぶりに浸かる事にする。

螟ァ蟾晏、棒convert_20110109114059[1]

螟ァ蟾晞「ィ蜻・convert_20110109114021[1]

此処も500円で入れる。
伊豆はいいな…。
木戸番のオバちゃんに裸の入浴モデルを頼んだら気楽にOKしてくれた。
伊豆のオバちゃんは調子もいい。




そして、夜の宇佐美。

螳・ス千セ主、彑convert_20110109114132[1]

伊東の街明かりが綺麗。
ここで師匠が去年末、アオリの連発した所。

だが、今夜はアタリ無し。
ウキが沈むのは鯵が元気よく泳ぐ時と、根掛かりした時だけ。
寒さが身に沁みる。


今週のイカは佐々やんもボクもボウズ。

後から来た師匠達と伊東の焼鳥屋で宴会。

蟶ォ蛹?縺溘■_convert_20110109114223[1]

来週も寒さに負けず、頑張るぞ!
伊豆の釣り師にシーズン・オフはない。
………。

菫コ竭。_convert_20110109113822[1]


「連帯を求めて、孤立を恐れず
 チカラ及ばずして負けることは辞さないが
 チカラ尽くさずして負ける事を拒否する」

  (昔、東大の安田講堂にあった落書きより)






スポンサーサイト
2011. 01. 09. (Sun) 17:26  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。