≪ 2017. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 10 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

小沢事件報道 

 最近、暇になったせいかテレビの朝のワイドショウやニュースを良く見る。
新聞やテレビの小沢報道はほぼ全新聞・テレビは「小沢、限りなくクロに近いグレー。今回は尻尾をつかめず逮捕されなっただけ」という論調が支配している。
ほんとにそうなのか?

 つい最近、「菅谷」と言う人が冤罪だとわかって出所してきたばかりである。彼が逮捕され、おまけに有罪が確定した当時のマスコミは、こぞって彼を「極悪非道の大悪人」として取り上げた。それが間違いだったと判明しても、何処の新聞社もテレビ局も謝ったりしたことはない。釈放後の菅谷さんを見てみると、気の弱そうで優しい顔をしていた。

 新聞は本当のことは書かない。テレビはホントのことは映さない。そして、間違った報道をしても決して謝罪はしないと、ボクはそう思っている。

 「石川元秘書」が会見をしている様子がテレビに写っている。すべての新聞・テレビは「辞任も離党もしない」で埋め尽くされている。彼は逮捕、起訴された被告人であり、そんな彼が辞任も離党せず、開き直っている、そう見えてしまう。でも、良く見るとなかなかの好青年ぽい顔立ちだ。しかも、彼は報道にあるような「故意の偽装記載はしてない」とはっきり言っている。今までの報道にある自供事実を否定しているのだ。ところが、どのテレビや新聞もこの事をあまり伝えがらない。検察リークだけを取り上げ、「自供した」と書いてしまっているからだ。

 彼のことを正義の味方の顔をして詰ったり非難しているテレビの司会者やコメンテーターの連中のほうがボクには悪相にみえる。
 ボクがまさに今回の話を映画やテレビにしてキャスティングするなら、真犯人役には「みのもんた」や「テリー伊藤」にする。
 
 まことのことばはここになく
 修羅のなみだはつちにふる
          宮澤賢治『春と修羅』より
         
スポンサーサイト
2010. 02. 10. (Wed) 12:12  [その他コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。