≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

宇佐美の鯵釣り 

宇佐美の鯵釣りの記事が「磯・投げ情報」という雑誌に出ていた。
丁度一か月ほど前、師匠が戸田で太刀魚釣りをしていて同誌の取材を受け、その記事が出ていたので見てみた。
すると、師匠写真入り記事は思ったよりは小さかったが、宇佐美の鯵釣りの特集記事の方が大きく出ていた。
その雑誌は、今の様にネットが発達してない時代は駅売りの新聞記事と並んで重要な情報源だった。
けれど今は部数も出ていない冬の時代を迎えている。
何とか工夫して、頑張って欲しい。
テレビ東京系で放送している釣り番組等に比べると遥かに努力していると思うけど…。

さて、その宇佐美に行って来た。

宇佐美夕焼け

金曜の夜だから釣り人は少ないけれど、
鯵は、まだ明るい宵の口から喰って来た。

鯵

雑誌に書いてある、黄金(きん)アジではないけれど35cm以上ある立派な真アジだ。
佐々やんに3匹。ボクも3匹だけれど、1匹取り込み中にバラしてしまった。
しかし、それだけで後が続かない。
何度も投入を繰り返すもハタンボとキンギョだけ。
しびれを切らして早めに終了。

いつものように日帰り温泉にドボン。
10時頃やって来た師匠達と合流し、伊東の街へ。
そして、「道の駅」で車中泊。

しかし、
夜中にやって来た佐々やんの師匠であるマッチーは強風の中、11匹程釣り上げた。
釣りは真面目にやらなければ、必ず釣果に現れる!


と云う事で、翌日も宇佐美の堤防に昼過ぎから集合する。

宇佐美

ヒラマサ狙いで某磯で頑張っていたスーさんまでもがやって来る。
昨日に引き続きマッチーも珍しく。
そして、名古屋への単身赴任の水さんもやって来る。
暗くなると、更に仲間も増えて10人ぐらいが並んで鯵釣り。

しかし、この日の宵の口は昨日よりまだ悪い。

コトヒキ

真鯛やメジナ、そしてこんな珍しい魚まで上がるけれど鯵は1匹だけ。
(鯵の仲間のコトヒキらしい…?)

その後、ポツポツと出るものの例年とは大分状況が違う。

ボクと佐々やんはこの日も早めに諦めて、伊東の街へ…。
そして、ほろ酔い気分でこの日も車中泊。

一方、食事だけで朝までやった師匠の釣果は……?

明け方、見に行ったらクーラーが立派な鯵で満杯になっていた。

愕然とした、宇佐美の鯵釣り。
怠けものには鯵は釣れない。

スポンサーサイト
2010. 11. 29. (Mon) 18:15  [釣りコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。