≪ 2017. 10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 12 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

ブログ 

このブログを始めてやっと10ヶ月が過ぎた。
もう少し頑張れば、一年になる。
その間、少しずつだけど訪問してくれる人が増えている。
ボクの釣り仲間が中心だけれど、釣りに興味のない人もアクセスしてくれている。
とても、嬉しい。

その中でも、大阪にあるシネマ・バーのマスターが時々覗いてくれている。
まだ若い人だけれど彼のブログを読むと、お酒の蘊蓄(うんちく)だったり映画の紹介・評論だったりとても面白い。
一度大阪のそのバーを訪ねて、彼の映画の話を聞きながらグラスを傾けてみたい。
ボクとは年齢の差があるので映画の好みは少し違うけれど、多分ウマが合いそうだ。




昨日、大阪読売テレビ制作の昼過ぎの情報番組を見ていたら例の「尖閣映像流出」をやっていた。
いい加減うんざりする話題だけれど、監督の崔洋一が少しだけマシな事を言っていた。
「海上保安官が義憤に駈られて投稿したとするのを良しとするのは、間違いだ」と。
実は、ボクもそう思っている。

民主党政権になって一年近くなるけれど、今の民主党は瀕死の状態だ。
やること為すこと皆裏目ばかり、自打球を鳩尾に受けて悶絶しているようだ。
国会の予算委員会中継を観ていると、管直人は人間サウンド・バック状態でノーガードで殴られ続けている。
それを一番喜んでいるのは、一年前に目の敵にされたネオリベと呼ばれる保守右派勢力だろう。

若い頃の市民運動家(管)や左翼学生(仙石)だった連中が今政権の中枢に座っている。
この日本や民族を誇りに思い、国家と国土の保安を守ろうとしている自衛官・警官そして海上保安官達が不満を持っている事は容易に想像できる。
しかも、共産党が支配している中国漁船のアル中船長の横暴に対して、弱腰の民主党政権に「義憤」を感じるのは当然と言える。
マスコミも挙って政府批判と中国批判を煽っている。
国民の大部分がビデオ投稿を支持し「義憤」を感じている、と。
そして直ぐにその声を裏付ける「世論調査」も発表されるだろう。

しかし待てよ。
その「義憤」の正体とは何なんだろう?
誤解を恐れずに書くと、
ついこの間までは、貧しくて世界のお荷物的存在だった中国ごときに甘く見られて頭にくる、という民族的本心なんだろうと思う。
結果、今や中国そして現政権に対しての愛国的反感とバッシングになる。
中国の反日運動のエピゴーネンだ。

このまま進めば自民党・みんなの党等のネオリベ勢力と民主党内右派が合体し、東国原・橋下両知事を旗印にしての政界再編が始まる可能性が非常に高い。
読売のナベツネが手ぐすね引いて待っている様な気がする。
「ナショナリズム日本」の復活を招く事になりそうだ。

ボクが思うに、
世論が中国に対して「義憤」を感じているのなら、経済・政治で国交を断絶すれば良い。
それで国益を保つ事が出来るなら…。

そして、石原慎太郎が謳うように強い軍隊を持って中国や北朝鮮と対峙すればよい。
尖閣を含む領土問題で、一戦交えればよろしい。
そうすれば、兵隊や市民に犠牲は出るけれど、戦争特需で日本の景気は良くなる。
背に腹は替えられず、産業は賑わい、金持ちは儲かる。
おすそ分けで、庶民も少し潤う。

日本の安部晋三や小泉純一郎らのネオリベ(新自由主義者)、もしくはネオコン(新保守主義者)の多くは日本の核武装は可能だし、局地的利用なら今の憲法でも合法だと考えている。
戦争は正当な外交手段の一つだと表明している政治家は日本に沢山いる。

今のままでは瀕死の民主党がメルトダウンし政界再編が起こり、彼らネオリベが次の政権を握ればそんなシナリオも現実を帯びてくる。
そんな時代が近づいている様な気がする、今日この頃の世相だ。

半村良が40年ほど前に書いた「軍靴の響き」という小説が、現実の物になるかもしれない…。



今日は少し書きすぎたかな。

こんな事を書くと偏向政治ブログみたいになって、
アクセスか減るかも…?

洗足池

洗足池の紅葉でも見て、気分を変えよう。


今週の釣りは、休み。
次週の式根島遠征に賭ける!

スポンサーサイト
2010. 11. 11. (Thu) 19:26  [その他コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。