≪ 2015. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2015. 09 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

『あの日のように抱きしめて』 

あの日⑥


題名と音楽に惹かれて観た。
渋谷のル・シネマ。

悲しいドイツの映画だった。

ナチの強制収容所から奇跡的に生きて帰って来たネリー(ニーナ・ホス)。
彼女は顔に致命的な傷を負い再生手術を受け別の顔になっていた。
しかし、ネリーは周りの反対を聞かず夫のジョニー(ロナルト・ツェアフェルト)を探し出し、彼と再会を果たす。
だが、夫は彼女が死んだものと思っている。

そこから収容所でズタズタにされた彼女の身と心以上の悲劇が待っていた。

あの日④

夫は彼女が妻のネリーと知らず、妻の偽物に仕立てあげてネリーの財産の分け前を狙っていた。

戦争とナチの迫害が生んだ悲劇だけれどメロドラマを観ている気になる。
ネタばらしになるが、
最後に彼女が歌う「スピーク・ロー」で全てが解ってしまう。

そう言えば、昔のテレ朝の前にスピーク・ローという酒場があった。
長谷部監督に連れて行って貰った事がある。
店主が団長と及ばれた人だった。
長谷部さんと某女優さんとの逢引の酒場でもあった。
随分と昔の話である。

『暴力脱獄』や『ポイントブランク』『黒いジャガー』等が好きだった長谷部監督はこんな映画を何と評すのか?

もう一度、話してみたい。

あの日⑤

ペキンパーやドン・シーゲルとは随分違うけど、
ボクは好きな映画だ。



スポンサーサイト
2015. 08. 28. (Fri) 15:31  [映画コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。