≪ 2011. 10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011. 12 ≫

プロフィール

総合系釣り師ナベ

Author:総合系釣り師ナベ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

そろそろ冬。 

我家の小さい庭の桜の葉もすっかり紅葉。
向かいの我家のアパートに植えてある紅葉も、柿の木も…
落葉になって、庭や家前の私道を埋めてゆく。
毎年の事だけれど、掃除が大変。
いっそ燃やせば楽なのだけれど、近所迷惑になる。

こんなシーズンになると毎年、鉢植えのバラが綺麗に咲く。

繝舌Λ_convert_20111127151527[1]

夏はあまり目立たないが、冬には一際引き立つ。





さて、今週も○神へ向かう。

その途中、
藤沢の畑で一仕事。

逡狙convert_20111127151403[1]

この畑に居る時が一番心が安らぐのは何故だろう?

サトイモとチンゲンサイを収穫。
白菜も、大根も、カブも、キャベツも順調に育っている。
スナックエンドウの「根っきり虫」には苦労するけれど、今度はホウレン草がやられている。
薬は使いたくないので、手で掘って探すしかない。
ブロッコリーの育ちが、今年は今一歩だ…。
他には、葱やニラは順調に収穫できる。
牛蒡(ゴボウ)も立派に収穫できるのだけれど、密集して植えた所為か牛蒡が抜けない。
強く引っ張ると途中で折れる。
困っている…。
水菜は来週には収穫できる。

植えている野菜ごとに、一喜一憂する。
しかし、彼らはボクを裏切らない。
しっかり手を掛けて育ててれば、しっかり良い野菜になって返ってきてくれる。
手を抜けば、良い野菜は出来ない…。
実に素直な良い奴ばかり。

それに比べて、我が家の猫どもは、
いわんや、釣魚おや………。






○神堤防に着くと、すっかり夕暮れ。

邀ウ逾枩convert_20111127151610[1]


このシーズンになると釣り人もガタンと減ってくる。
でも、釣れない訳ではない。
海の中は今が最盛期かも知れない。

南の磯ではヒラマサの噂も聞こえてくる。
○○や○○○では、ワラサのナブラが多く起っている。
中にはブリ級も…。
しかも、オキアミに喰ってくるそうだ。
シマアジもそろそろだ。


ここでも40㎝オーバーのワカシが上っている。
しかも、よく肥えている。
タナとカゴの選択を間違えなければ、まず釣れる。
そして、ソーダも大きなヒラがポツリ、ポツリだけれど釣れる。
良い季節になった。


ボクはこの日もまずは、烏賊。

螟彑convert_20111127151649[1]

すっかり真冬の防寒スタイルで、
西湘の街明かりを遠景にして、
ぼんやり仄かな赤い電気ウキを見つめる。

東の夜空にはオリオン座が浮かび、北極星が寂しくまばたく…。

そして、
一夜目の釣果は、可愛いアオリが一杯だけ。
1打数1安打。


ODAのTさん所で熱燗。
そして、
車のベッドの羽毛布団に包まり、
熟睡。




翌日、
少しだけカゴ釣り。
一投目で丸々とした、ヒラソーダ。
そして、夕方にはイナダ。
温泉、その他、エトセトラ………



二夜目。

師匠やイガイガ帰りのスーさん等で堤防は10数名。
土曜の夜だけあって、イカ様(サマ)の親父達の電気ウキが並ぶ。

続けて3回、完全なアタリがあるも総て痛恨のバラシ!
今夜は「3打数3三振」で終わるか…!?

師匠は、「3打数3安打」で憎たらしい余裕顔。

スーさんはボウズで帰り支度。

ボクも手持ちの活き鯵が無くなった。
けれど悔しいので、師匠の鯵を貰って投入。

諦めの気持ちでバケツを仕舞っていたら、
ウキが突然、持っていかれる。
竿を立て、ゆっくり聞き合わせする。

イカが乗っていそうで、乗ってない。
直ぐ鯵を離してしまう―――
今夜はこの繰り返し。
それで全てバラシ。
4打数4三振か…
??????

ところが、
今シーズンのボクは、確実に腕が上っている。

繧、繧ォ_convert_20111127151735[1]

なんと、
最終回で特大ホームラン!

家で量ったら1.3キロ。
イカ親父のシーズンはまだ始ったばかりだが、
早くも、堤防今季最大を更新。

「ガッ、ハッハッハッ!」
と、一緒に計量した烏賊好きの家人と顔を見合わせ、
下品に笑ってしまった。




-善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや- (「歎異抄」より)

親鸞聖人、
殺生をお許し下さい。




スポンサーサイト
2011. 11. 27. (Sun) 17:47  [釣りコメント:1  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。